話題沸騰!車査定と修復歴のこと

古いくるま買取りを頼んだケースでは、まず査定を受ける事になります。その審査については買取ショップの担当者がすることになり、中古車マーケットの値段等から金額がはじき出されるものとなります。

普通は古いくるまとして売り出されている価格の20~30%位が査定額となっているようですが、定評のあるクルマだったり、希少価値のある車等の時には高プライスがでる時もあるようです。また、製造年は新しいほど高く売却できます。他方、こういった買取額はそのマイカーが完全な状態のときであって、パーフェクトじゃない時にはマイナスに査定されます。特に修復の跡等はプライスにかなり響いてきます。

事故車といっても定義があいまいですが、基本的に車両の骨格であるフレームにまで影響しているようなアクシデントをしてしまった車両は事故車として扱われます。そのような事故歴のある車はいつかなんらかのマイナスの影響が出るという危なさが有るので、買取金額においてはマイナスとなってしまいます。ですが、フレームにまで影響がなく、外側を修復した位であれば大丈夫なのですが、ですが修復歴としては付きます。

勿論、修復歴が付きますのでデメリットの影響がある訳ですが、事故車より低く値踏みされることは無いです。それと、エンジンやギアなどに問題が出ている際もマイナスとして見られますし、常日頃のメンテナンスの状況が見積価格に関係してきます。

このあたりはシロウトにはちんぷんかんぷんですが、査定をする買取専業店としてはシッカリそのへんも確認してくるでしょう。

どちらにせよ修復歴は無いという事が車査定が上げられるかどうかの条件となります。