話題の買取や下取りリサイクル料のいろいろ

自動車を売るときの仕方としては買い取り、そして下取りのどちらかがあります。下取りの場合というのはおニューの所有車をゲットする時、これまでの自動車を引き受けてもらうというものです。主として新車取扱店が買い取りをするので買い取り金額としてはやや低く見られがちです。

他方、買い取りのほうは愛車買取専業店が行っているもので、ユースドカーという名目で売る事を前提に引取り値段を決定するので、どちらかというと高値の引き受けが期待できます。いずれにしても中古車を売却することであり、売却する前に買取り額を決定するための審査が行われることとなります。

査定をおこなうケースで気になるのはリサイクル料です。自分のクルマの審査で出してもらうプライスとしてはそのユーズドカーそれ自体の額、ユースドカーについてくるリサイクル料とか自賠責保険等々含めた値段の二つの種類が有ります。リサイクル料はクルマを入手した時、若しくは「リサイクル料」が未払いの場合には車検を受けた際に支払われるもので、のちに自家用車を廃車にして解体する際に必要になるフロン類、シュレッダーダスト、エアバッグ類などをリサイクルするときの代金という名目で使用されます。リサイクル料はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることになり、処分する時自動車リサイクルシステムから支払されるということとなります。

コストはだいたい、軽自動車だと8000円程、国産自動車で1万円ほど、外国の車等であれば1.5万円程、そのほかで20000円ほどを入れる必要があったりします。大抵の中古車引受ですと、こうした「リサイクル料」をユースドカーの買取価格とは別ということで引取られるというようなこととなるんですが、リサイクルの代金を含めて引受け値段だという場合も有り、引受を頼む場合はまえもってチェックしておくということが大事です。