話題の日本自動車査定協会という機関だそうな

マイカーの買い取りや下取りの時には、初めに査定をしてもらう事でしょう。この場合の査定とは、売り手側から買い取りや下取りする時に正確な評定を下すための下調べであり、それをするためにはたくさんの人から容認され、かつ認められた進め方で行わないといけません。とはいえ、こちら側からすると、鑑定がどんな具合にされているのかちゃんとは確認できてなかったり、正当な手順でやられているかは案外知ることが出来ないものですよね。とはいえ、鑑定自体がユースドカーの価格を確定させる大事な過程なので、考え方やその方法に色々なものがあると世間がパニックとなる要因ともなるのです。

このような混乱を起こさないようにするため「日本自動車査定協会」という名の機関が存在し、中古自動車査定制度を制定しているのです。

「日本自動車査定協会」は、適正な審査が根を下ろすように活動している機関であり、お客さんが不安なく車を審査に出すことができ、更に喜べるような制度を構築する務めをしています。

実際の活動内容としては、例を出すとキチンとした査定士を育てるためにテストを行っており、査定協会が実施する学科や実技の研修を受け、その後査定士技能検定試験という試験に合格することで一定のスキルを持つ査定士としての資格が与えられます。そうした上で査定士として活動するためには協会への登録をしなければならなくなり、健全な知識や責務をもってユーザーの車の評価をしていきます。言い換えると適正な見積もりを行う為の資格を持つ者が鑑定をおこないますので、私たちも悩まずに買い取りまたは下取に持っていくことが出来るというわけです。