改めて車売却とリサイクル料について調べてみた

マイカーを売り払うときの手立てとしては下取り、そして買い取りの両方が存在します。下取りのケースは次の所有車を買うと一緒に古い所有車を買い取って貰うというものです。大抵は新車のディーラーが引き取りを行うため売り値はどっちかというと低価格に見られがちです。

他方、買取りのケースはクルマ買取り専門の業者が行っているもので、中古車という名目で店頭に出すことを前提に引取りプライスを決めるので、やや高値での引取りが期待できます。いずれにしろ自分の車のを売却することであり、引き受けてもらう前に引受プライスを決めるための見積もりがおこなわれることとなります。

見積もりをおこなうさいに気になるのはリサイクル料です。自分のくるまの審査で提示されるプライスとしてはそのマイカー本体の額、自分の車のに付いてくる自賠責保険やリサイクル料など含めた値段の2種類があります存在します。リサイクル料についてはマイカーを買った際、またはリサイクル料が未払いの時には車検の際に支払いとなりますので、将来、自分の車のを廃車にして処分するケースで必要になるエアバッグ類、フロン類、シュレッダーダストなどリサイクルするための代金ということで使われます。リサイクル料は自動車リサイクルシステム(JARS)に預け入れることとなり、壊してしまう際に自動車リサイクルシステムから払われるということとなります。

費用は、軽だと8000円程、国産自動車で10000円くらい、外国製自動車等だと約1万5千円、その他で20000円程をいれる必要性があります。たいがいの愛車引取りですと、こういったリサイクルの代金をユーズドカーの引き受け金額とは別ということで引取りされるというようなこととなるワケですが、リサイクル料金を含んで引受プライスであるというケースもあり、引受けを望んでいる場合先ずはチェックしておくのが大切なこととなります。