改めて日本自動車査定協会という機関ってどうでしょう

古くなった車の下取・買取時は、まずは査定をさせて頂きます。査定イコール、お客さんから下取・買取時にきっちりした見立てをするための工程であり、そのためにはさまざまな人たちから納得され、その上了解された仕方で行わないとダメなのです。なのですが、消費者側から見るのであれば、鑑定がどんな具合におこなわれてるのか正確には知らなかったり、適正なやり方でやられているかはどうしても把握することが出来ないものですよね。しかしながら値踏みというのはお車の価格を決定する決め手となる過程ですので、方法や考えに様々なものがあると社会がパニックとなる一因にもなるのです。

そうした混乱を起こさないようにするため日本自動車査定協会という機関が設立され、「中古自動車査定制度」を制定しているのです。

日本自動車査定協会は、厳正な値踏みが行われるように動いている団体であり、ユーザーが信頼して車を審査に提出でき、更に満足できる制度作りの務めをしています。

分かりやすい中身としては、例えばちゃんとした査定士を増やす為の検定を実行しており、査定協会が実行している学科さらには技法の研修を受け、その後査定士技能検定試験という試験に成功することで一定の技能を保有する査定士としての資格が受け取れます。さらに査定士として勤務するためには協会への登録をしなければならなくなり、まともな心得や義務でもって消費者の車の審査をします。要するにきちんとした見積のための資格を保持している者が評定を行いますので、私たちも安心して買い取りや下取りに車を出すことが出来るわけなのです。