例の車見積りと必要書類について思うこと

自家用車を手放したいケースにおいてのやり方としては下取や買取などの方法が在ります。下取は新しい自動車をゲットしたと同時に、これまで乗っていたお車を買取りして頂くというものです。その中古車が運転ができる自動車だったとすれば買値がつきますが、度を超えて古い車だった時には反対に廃車費用を請求されるケースもあります。

下取は専門ショップが買い取るという事ではないので、望んだ金額での譲渡は厳しいかと思いますが、新しい愛車と交換のような形で乗り換えが可能といったいい面があります。一方買い取りですと、それ専業の中古車買い取りの専業店に依頼して買取をしてもらうといったものです。そのタイミングが分かりづらいなどの短所もあるわけですが、買い取られた中古車はユースドカーとなって流通するのがもともと決まっていますから、なかなかの希望価格での買取りが期待できるでしょう。

買取、下取どちらも譲渡の際はいろいろな書類をまず準備することが必要となるでしょう。必要書類の種類には自動車検査証や自動車税納税証明書、リサイクル券、自賠責保険証となります。その他実印や印鑑証明、住民票といったものも必要となります。

譲渡のときには譲渡証明書や委任状も必要となりますが、これらに関しては買い取りの専業店で用意してくれるでしょう。売却を望んでいるこちら側としては、車検証、自動車税納税証明、自賠責保険証とリサイクル券、実印と住民票あとは印鑑証明書を用意しておきましょう。査定の時もこれらをチェックが入るので、無くしたケースだとまた発行してもらう必要があるのです。

万が一失くしたケースでも見積もり自体は受けることができるのですが、その場ですぐの譲渡はおこなえないため見積金額に何か影響が出る可能性があります。