例の車のリサイクル料について思うこと

お車を売る際の手段には買取、そして下取の2つがございます。下取のケースは新しいお車を買う時に今までのくるまを買取していただくというものです。主に新車の取扱店が買取をすることになるので売り値のほうはどちらかというと低価格に見られる場合が多いです。

他方、買取のほうはユーズドカー買取専業店が行っているもので、ユーズドカーという名目で売る事を予定して引取りの金額を決定するため、どちらかといえば高値の引受が望めるでしょう。いずれにしても愛車を売却する事であり、売り払う前に引き取り額を決定するための値踏みが行われます。

査定をして貰う時に気になるのはリサイクル料となります。愛車査定で出される値段としては愛車そのものの価格、クルマに附随するリサイクル料とか自賠責保険など入れたプライスの2つの種類が御座います。リサイクル料はマイカーをゲットした際、もしくは「リサイクル料」が未払いのときには車検を受けたさいに支払われるもので、先々ユーズドカーを廃車にして壊してしまうケースで必要なシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類等をリサイクルするさいの代金という名目で使用されます。リサイクル料はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けることとなり、解体する際に自動車リサイクルシステムから払われるということとなります。

費用は大体、軽自動車であれば約8千円、国産車で1万円くらい、外車等であれば1.5万円くらい、その他で2万円ぐらいをいれる必要が有ります。たいていの自動車引取りでは、こうしたリサイクル料金を自分のくるまのの買取り額とは別ということで引き取られることになるのですが、リサイクルの料金を含んで審査のプライスとなってる場合も有り、買取りを依頼する場合には事前にチェックしておくということが大事です。