使っていた車の買い受けは割賦が終了前のケースであっても良いの?確認しましょう

中古の自動車の買取専業店に評定を依頼したものの、支払いを完済できていないこともあり得ますよね。こうした際は、その売却しようとする中古車のオーナーがご本人なのか別の人なのかを何はともあれ確認しておくことが求められます。

実際に、持ち主に関してなにを確認するといいのかと言えば、自動車検査証に記載されている名前の方が使った車のオーナーとなる訳です。

お車を買った時点で銀行などの分割払いを契約したのであれば、こちらの「車検証」に載っている氏名がご本人のお名前となってるはずですが、ローンを設定したのが信販会社であるケースでは名前が信販会社の名前となる筈です。クレジット会社で割賦契約を組む場合どんな理由でこのような形で信販会社を名義人として記載しているかと言えば、その答えとしては毎月の支払いが滞った場合、ただちにクルマを差し押さえて確保することを考えているからです。

そのような訳で所有権がローン会社にある場合はそちらのおクルマを勝手に売ってしまう事はできません。とにかく売りたいならまずは残債をすべて終わりにするか分割払いの設定し直しをすることで所有者を貴方の名前に変えた上で手続きすることが求められます。そうはいっても現実問題そういった手続きが可能なのはその時点で手持ちの資産が余りある場合に限られます。ではお金がない時はどのようにしたらよろしいのでしょうか。

そうした場合は、格付けをおこなってくれたユーズドカー買取ショップにご相談頂けますと、使用済みの自動車の売却の金額から残債の支払いの分を返済し、所有者のところをご自身の名義にチェンジしてもらうことが可能です。手続きについてもすべて買い取りのお店にオマカセ可能なので大丈夫です。