ほら、中古車屋さんに車を売る時ってどうでしょう

愛車の売買契約時は、まず先に中古車の鑑定をします。その型式や年代で、基本とされる標準状態の額面の目安をつかんでおきます。ここからもっと実態がマイナスなら、見積額を減らすなどといった流れでやられていくこととなります。

標準状態の価格に関しては買取のお店の方で基礎的な数字を保管しています。これについては業者間でのみ流通しているもので、そのプライスは車の型式やいつのものかということから書かれているのです。とはいえ、この数字はあくまで基準の数値であり、それ以上でも以下でもないものです。さらに、そのプライスよりも高額で買い取られたり、またはもっと安く買いたたかれたりするケースもどうしてもあり得ます。

買取店側からするとなるべく低い金額で買い受けたいわけですから、お店にもよりますが基礎的な買い取り額を出したうえで、それ以上に安い方向へと話を持っていこうとします。売る側からすればいくらかでも高い値段で譲渡したいので、ここではイッキに話を持っていくのが成功の秘訣です。はたまた、引き取りに関する金額が解決できなかった際は一度保留し、そこで話をストップしておきます。そして別のお店と応酬を進めていくわけです。

ここで仮に値段がさらに高値となって納得できたなら、最初の業者との商談はダメになっても問題はありません。つまり、売りたい方が不満がないように話し合いを進めていけばいいという事なのです。何があっても気を付けたいことは、あせって売却金額を結論付けてしまい、あとあと悔やんでしまうことです。売値についてはなんといっても強気でいった方が後悔しないはずです。