そうれ!車を売る時のローンの残りのこと

車の買取専業店に買取査定をしてもらったものの、分割金を払いきっていないケースもあり得ますよね。このような際は、売り払いたい車の所有がアナタ自身なのか別な方であるのかをまず見ておくことが求められます。

ホントのところ、持ち主についてはどれを確認すると良いのかというと、「車検証」に書かれているお名前の方が愛車のオーナーとなります。

クルマを購入するときに銀行が提供している割賦払いを設定したケースでは、この「自動車検査証」に記載のあるお名前がご自身のお名前になっている訳ですが、自動車ローンを設定されたのが信販会社だった場合だとお名前がそちらの記載になる筈です。信販会社でローンを組む場合にどういう理由でこのように信販会社を所有権者として記載するのかというと、その答えとしては返済が滞ったりしたら、すぐにクルマを差し押さえて確保するためです。

そうした理由から所有者名義が信販会社になっている場合はそちらの自動車を好き勝手に売る事はできないのです。どうあっても売り払いたいならまず残債を全て終わりにするか割賦契約の組み替えをして所有権者をアナタの名前に変更してから手続きする必要があります。そうはいっても現実問題そういった手続きが可能なのはその時点でお手持ちのキャッシュがいっぱいあるケースに限定されます。であるならば、お金がない人はどのようにするのがよろしいのでしょうか。

こういったケースでは審査をして頂いた愛車買取専業店に事情を話すと、車の売却額から残った支払い分を賄い、所有者のところをご自分の氏名に直していただくことができるというワケです。手続きも全部買取専業店にお任せできるので問題ありません。