これこそ中古車査定と事故歴について思うこと

古くなった車売却を依頼したさいには、まず値踏みを受ける事になります。その際の審査に関してはお店のの査定士することになり、自動車市場の値段などから計算されるものとなります。

だいたい中古車として売り出されている額の20~30%程度が査定額となっていますが、人気の車であったり、珍しい車種であったりする場合には高い見積金額が出るなどの場合もあるでしょう。他にも、年式は新しいほど高い金額となります。一方、そのような買取額はそのクルマが完全な状態の場合であり、そうではないときは低い査定となります。なかでも特に事故車は査定に大きく関係してきます。

修理歴というのも定義が曖昧ですが、とりあえず車の本体であるフレームの部分までダメになるような事故を経験してしまったお車は事故車として扱われます。そのような事故歴のあるクルマはそののち何らかの悪い影響が出現するという危険が有るので、買取プライスに於いては悪材料となります。一方で、フレームの部分まで影響がなく、ボディを修繕したぐらいなら大丈夫なのですが、ですが事故歴がつくことになります。

勿論、修復歴は付く訳ですから負の影響があるものですが、事故車より低く値踏みされることはないです。それと、エンジン等に面倒が発生している時にもマイナスという事で見られますし、普段からの手入れの状態が査定に影響してきます。

その辺は我々にはちんぷんかんぷんですが、査定をおこなう買い取りの専業店としてはきっちりその辺りも見てきます。

どっちにしても修理歴としては無いという事がマイカー見積もりを上げることができるかどうかの分かれ目となります。