この中古車買取とリサイクル料について調べてみた

所有車を売却するさいの手続きとしては下取りと買取りの両方が有ります。下取りのケースは新しい車を手に入れる時に前の自分のクルマのを買取してもらうというものです。たいがいはは新車販売店が引受けをするため値段としてはどっちかというと低く見られがちです。

一方で買取の方はユーズドカー買取り専門の業者がしているもので、ユーズドカーとして店頭に陳列することを予定して引き取り額を決めるため、割と高プライスの買取りが望めます。いずれにしろユーズドカーを引き受けてもらうことであり、、売却をする前に買い取り価格を決定するための鑑定がされることとなります。

鑑定をお願いするケースで気になるのがリサイクル料になります。ユーズドカー値踏みで提示される額というのはくるま本体の額、車についてくるリサイクル料や自賠責保険等々いれたプライスの二つの種類が御座います。「リサイクル料」は車をゲットした際、若しくはリサイクル料が未納の場合には車検を通したケースで支払われるもので、のちに自分の車のを廃車にして壊してしまう時必要になるフロン類、シュレッダーダスト、エアバッグ類などなどリサイクルする為のコストとして使われます。リサイクル料金は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けることになり、壊してしまう時にJARSから支払われるということとなります。

コストは、軽自動車で約8千円、国産車の場合で1万円程、外車とかで15000円ほど、それ以外で2万円ぐらいを入金する必要性があったりもします。大抵の自動車引受だと、そういった「リサイクル料」を自分のくるまのの引き取り金額とは別で引取りされる事となるのですが、リサイクル代金を含んで引き受け値段となってるケースもあり、買取りをお願いする際にまえもってチェックしておくということが大切な事となります。