きましたね日本自動車査定協会の取組だそうな

車の下取や買取の時には、初めに査定をしてもらうかと思います。この場合の査定とは、お客様から下取・買取時にちゃんとした審査をするための作業であり、それをするためにはさまざまな人たちから認識され、かつ合意された段取りで行わないと良くありません。ただ、ユーザー側からしたら、見積がどのようにおこなわれてるのか完全には存じてなかったり、しっかりした段取りで行われてるかどうかはなかなか確認することが難しいものです。しかしながら値踏みというのは中古車の値打ちを決めてしまう非常に重要な方法なので、やり方や考えに様々なものがあると社会がパニックとなる理由にもなってしまうわけです。

そんなカオスを起こさないようにするため日本自動車査定協会という機関が存在し、「中古自動車査定制度」を用意してる訳です。

日本自動車査定協会とは、適切な査定が行き渡るように取り組んでいる団体であり、お客さんが無事に査定に提出でき、そして満足できる結果となる土台作りの行いをしています。

具体的な活動の内容は、例を出すとキチンとした査定士を育てるために試験を行っており、査定協会が行っている学科や技能研修を受けて頂き、そののち「査定士技能検定試験」にクリアすることで一定のスキルを持つ査定士としての資格が付与されます。そうした上で査定士として勤務するためには協会への登録を済ませてからになり、まっとうな基礎的なものや義務を以てして消費者の車の審査を行います。要するにきちんとした査定を出すための資格を保持している方が値踏みをしますので、ユーザーも安堵して買い取りや下取りに持っていくことができるのです。