お待ちかね、中古自動車査定制度だそうな

所有車の下取や買取の時には、最初に査定をすることでしょう。査定イコール、消費者から買い取り・下取時にきっちりした見立てをするための工程であり、それをするためには多くの人から肯定され、その上合意された仕方じゃないとまずいのです。ですが、お客様側からすれば、審査がどのように行われているのかきちんと確認できてなかったり、正当な段取りで調査されているのかは案外分かっておくことが困難なものです。しかしながら査定と申しますのは中古車の値段を決めるとっても決め手となる方法な訳なので、考えや方法に種々のものがあれば世間のパニックの一因にもなる可能性があります。

そんな混乱を起こさないためにも日本自動車査定協会という名の機関が設立され、「中古自動車査定制度」を用意してる訳です。

日本自動車査定協会というのは、しっかりとした見積が行われるように機能している協会であり、我々が不安なく鑑定に提出でき、加えて満足のいく結果となるシステム作りの行いをしています。

具体的な内容的には、例を出すと健全な査定士を増やす為の資格試験をおこなっており、査定協会が行っている学科さらには実技の研修というものを受けて、そして「査定士技能検定試験」に受かることで一定のスキルを持つ査定士としての資格が与えられます。さらに査定士として勤務するためには協会への登録を済ませてからになり、まともな知識や決まり事をもって消費者のクルマの評価をします。つまり適正な見積のための資格を持つ人が鑑定をしますので、お客さんもリラックスして買い取りや下取りに出すことができるのです。