あの中古車売却と残債について

クルマの買い取りのお店に買取査定をオーダーしたはいいけどローンが払いきれていないケースもあるでしょう。そんな場合は、売却予定の車の権利がご本人なのか誰か別な方であるのかどうかともあれチェックすることが必要です。

本当のところ、所有者が誰かについてなにを見ると良いのかというと、自動車検査証に記載のある名前がクルマの権利者となります。

クルマを買った際に銀行などの割賦払いを組まれたケースでは、こちらの「車検証」に載っている名前が自分自身の氏名になっているのですが、ローン支払いを設定されたのが信販系の会社であった時には名前がローン会社の名前になっているのです。クレジット会社でローンを組む場合になぜこんな風に信販系の会社をオーナーとして登録してるのかと言えば、それは返済が滞ったりしたら、直ちにお車を差し押さえして確保できるようにするためです。

このような理由によって持ち主名義がクレジット会社となっている場合はそちらの所有車を好きなように売る事は不可能です。どうしても売ってしまいたいならとりあえず支払いを完全に完済するかローンの組み替えをして所有者をご本人に変えた後で売り払う必要があります。さりとて実際にそんな事が出来るのは現在手持ちのキャッシュがとても多い場合に限られます。であるならば、お金が無い時はどういった方法を取るのがいいのでしょうか。

そんな際は査定を行っていただいた愛車買取ショップにご相談いただけると、所有車の売却の金額から残債分を完済し、所有者のところを自分の名前に変更してもらうことができます。手続きも全てを買い取り専門店にオマカセ可能なので心配いりません。